Loading...

新築について

徳恩寺の本堂新築について


各要所における建材の老朽化に伴い今後の安全性、利便性を考慮に入れ、新築工事計画を進めています。

経過のご報告

  • 2021年06月08日

    主棟の大鬼・3

    棟瓦の端部に鬼瓦が取り付けられました。

    春日神社が近い西側には「吽形」の鬼が、反対の東側には「阿形」の鬼が魔除け、厄除けとなっています。

    主棟の大鬼・3 主棟の大鬼・3 主棟の大鬼・3 主棟の大鬼・3 主棟の大鬼・3 主棟の大鬼・3 主棟の大鬼・3 主棟の大鬼・3 主棟の大鬼・3
  • 2021年06月08日

    新本堂屋根(東側)・2

    高台の墓地から見た新本堂の東側です。

    クレーンで何度も瓦を運び「本瓦葺き」の屋根が出来上がっていきます。

    新本堂屋根(東側)・2 新本堂屋根(東側)・2 新本堂屋根(東側)・2 新本堂屋根(東側)・2 新本堂屋根(東側)・2 新本堂屋根(東側)・2 新本堂屋根(東側)・2 新本堂屋根(東側)・2 新本堂屋根(東側)・2
  • 2021年05月11日

    主棟の大鬼・2

    今年の2月の「主棟の大鬼・1」でお知らせしました鬼瓦が焼き上がりました。「阿形」の眼球に浮き出た血管など、それぞれ細部の違いが表情を豊かにしています。

    一番下の二枚は新本堂の屋根に取り付けた際、「大鬼」の上に付く「鳥衾(とりぶすま)」をあててみた画像です。(実際はここまで突き出ません)

    主棟の大鬼・2 主棟の大鬼・2 主棟の大鬼・2 主棟の大鬼・2 主棟の大鬼・2 主棟の大鬼・2 主棟の大鬼・2 主棟の大鬼・2 主棟の大鬼・2 主棟の大鬼・2
  • 2021年03月24日

    新本堂屋根(西側)

    春日神社方面から見た西側の新本堂の姿です。

    破風板(はふいた)等が取り付けられ、平瓦と丸瓦を交互に組み合わせた「本瓦葺き」の屋根となります。

    新本堂屋根(西側) 新本堂屋根(西側) 新本堂屋根(西側) 新本堂屋根(西側) 新本堂屋根(西側) 新本堂屋根(西側) 新本堂屋根(西側) 新本堂屋根(西側)
  • 2021年03月01日

    新本堂屋根(東側)・1

    高台の墓地から見える東側の新本堂屋根が出来上がっていく様子です。

    防水材が敷かれ、瓦を葺くために瓦桟(かわらざん)という木材が打ち終わりました。

     

    新本堂屋根(東側)・1 新本堂屋根(東側)・1 新本堂屋根(東側)・1 新本堂屋根(東側)・1 新本堂屋根(東側)・1 新本堂屋根(東側)・1 新本堂屋根(東側)・1 新本堂屋根(東側)・1 新本堂屋根(東側)・1 新本堂屋根(東側)・1 新本堂屋根(東側)・1
  • 2021年02月23日

    主棟の大鬼・1

    新本堂屋根、最上部となるT字型大棟で正面両端の「大鬼」部分に取り付けられる巨大な鬼面の瓦(粘土での成形段階)です。

    鬼瓦は魔除け、厄除けとして霊所を守り邪気を払うとされています。

    全長約八十センチあるこの鬼瓦は拝殿正面から向かって右側に「阿形」を、左側に「吽形」を配します。

    主棟の大鬼・1 主棟の大鬼・1
  • 2021年02月06日

    新素材の木鼻

    本堂階の下階のはコンクリート部分もあるので、「木鼻」は統一感を持たせる為にあらかじめ木製の型を作り、そこから製作ました。

    GRC(耐アルカリ性ガラス繊維で補強したセメント)に「ガラス」と「石」などの別素材の組み合わせで出来ている「木鼻」です。

    新素材の木鼻 新素材の木鼻 新素材の木鼻 新素材の木鼻 新素材の木鼻
  • 2020年12月17日

    新本堂屋根・3

    瓦を敷く準備が始まりました。

    新本堂屋根・3 新本堂屋根・3 新本堂屋根・3 新本堂屋根・3 新本堂屋根・3 新本堂屋根・3
  • 2020年11月23日

    桔木(はねぎ)

    長く突き出た軒を支える為、屋根の内部から勾配に沿って差し込み、軒先を支える部材を「桔木(はねぎ)」と言います。

    通常は「垂木(たるき)」で軒先を支えていますが軒が深い寺社建築ではテコの原理を利用し「桔木」で軒先をはね上げるようにして重量を支えます。

    桔木(はねぎ) 桔木(はねぎ) 桔木(はねぎ) 桔木(はねぎ) 桔木(はねぎ) 桔木(はねぎ) 桔木(はねぎ)
  • 2020年11月21日

    切裏甲(きりうらごう)

    裏甲(うらごう)の上に直角に乗せ、材料を短手に用いて木口が正面に見えるように使う部材を切裏甲(きりうらごう)といいます。

    木口が白く塗ってあるので、二枚目は材木の境に赤線で画像加工してあります。

    切裏甲(きりうらごう) 切裏甲(きりうらごう) 切裏甲(きりうらごう) 切裏甲(きりうらごう)